スポンサーサイト

宮台真司bot
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義から享楽へ 映画は近代の幻を暴く

宮台真司bot

社会学2016年 

『正義から享楽へ 映画は近代の幻を暴く』


 
宮台真司 著作●→僕らは自由に言葉を使え、自由に体を動かし、自由にピントを合わせられる。でも、この自由は自動機械と同義だから、物事が厄介になる(笑)。

宮台真司 著作●→絆とは、助かりたいがゆえに追求する「手段」ではなく、何があっても助けるという「目的」です。言い換えれば、損得勘定の「自発性」を超えた、内から湧き上がる力の「内発性」です。

宮台真司 著作●→社会がダメになりつつあるからこそ、もともとのアテネのような小さいエリアで「言葉にならないもの」 — 共同体感覚 — を復権することが課題になっています。

宮台真司 著作●→家族映画ならずとも、映画の伝統ではしばしば共食シーンが「平穏な日常」「正常な秩序」を象徴するものとして使われます。

宮台真司 著作●→97年のアジア通貨危機を迎える頃迄には、グローバル化の副作用への共通認識を通じて「まともに見えるものがまともじゃない」ことは人口に膾炙(かいしゃ)しました。

宮台真司 著作●→「温かい共同体」を目差す筈の左翼が、排外主義の〈劣化左翼〉に堕する一方、言語的理路を過剰に信頼せず共通感覚醸成を目差す筈の保守が、血筋や人種に拘る排外主義の〈劣化右翼〉に堕する。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『正義から享楽へ 映画は近代の幻を暴く』
 宮台真司
 blueprint
 垣内出版
 


 

カテゴリ
リンク
サイト内検索


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。