子育て指南書 ウンコのおじさん

宮台真司bot

社会学2017年 

『ウンコのおじさん 子育て指南書』


 
宮台真司 著作●→日本の中学生は、いま7割に反抗期がありません。反抗期は、近代社会に残った唯一の通過儀礼らしきものでしたが、それが消えつつあります。

宮台真司 著作●→親の承認が欲しくて自分を抑圧する(=親にコントロールされる)のと同じで、疑似仲間の承認が欲しくて自分を押し殺す(=場にコントロールされる)。

宮台真司 著作●→日本はもともと養子縁組が多く、三代遡ると出自がわからなくなって当たり前でした。なのに、昨今、血縁への「神経症的」なこだわりが目立つようになりました。

宮台真司 著作●→日本など先進国が過去20年余りのグローバル化のなかで経験してきたのは、仲間の消滅です。誰が仲間かわからず、法に神経症的に固着する人も出てきました。

宮台真司 著作●→「法が破るためにある」と言えるのはなぜか。破ることで「誰が仲間なのか」がわかるからです。僕は「法外のシンクロで仲間がわかる」と言います。

宮台真司 著作●→法に過剰適応した人は、自動機械みたいにコントロールされます。母の肯定に過剰適応した人が、自動機械のようにコントロールされるのと、同じです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『子育て指南書 ウンコのおじさん』
 宮台真司
 ジャパンマシニスト社


 

カテゴリ
リンク
サイト内検索