居場所なき時代を生きる子どもたち

宮台真司bot

社会学1999年 

『居場所なき時代を生きる子どもたち』


 
宮台真司 著作●→昔もトンチンカンなバカ母やバカ父がたくさんいたものです。しかしそのバカが子どもにうつらなかったのは、子どもが地域社会で育ったからであります。

宮台真司 著作●→日本で専業主婦が一般化したのは、1950年代後半以降、つまり昭和30年代以降のことです。1956年、千葉県に最初の団地ができて以降、全国に団地化の波が押し寄せます。

宮台真司 著作●→どこに所属しようがしまいが「自分は自分だ」と言える自尊心は、自分の責任で行われた試行錯誤の結果培われるしかありません。「どこどこに所属したから自分はOKだ」は成熟社会では通用しません。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot



『居場所なき時代を生きる子どもたち』
 子ども劇場全国センター出版局
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索