この世からきれいに消えたい。美しき少年の理由なき自殺

宮台真司bot

社会学2003年 

『この世からきれいに消えたい。
 美しき少年の理由なき自殺』


 
宮台真司 著作●→社交術上、愛の告白は、素朴に相手を喜ばせるためになされるのではなく、自分に相手を喜ばせるゲームヘの参加資格や参加意思があることを表明する点にこそポイントがある。

宮台真司 著作●→84年から自己改造セミナーにハマりました。目的は、自分自身を癒したいのが半分ですが、もう半分はコミュニケーションのスキルを盗むこと。短時間で相手を自己崩壊に追い込み、一分くらいでリカバーさせたりする。これが学びたかった。

宮台真司 著作●→僕は全てを知ることで自由になりたいという気持ちが強いんです。知らないでいるほうが幸せということに耐えられない。知って不幸せになるとしても、知りたい。学問であっても思想であっても女であっても、知り尽くしたいわけです。

宮台真司 著作●→僕はもう家族幻想や少女幻想など持ってないつもりだけど、幻想の記憶だけは大切に持っている感じがします。だから、追憶に涙することもあります。そういう自分だからこそ、幻想壊しに癒されるんでしょう。

宮台真司 著作●→「世の中、無意味だ」と言うときに、死ぬ人と死なない人がいる…。この違いは、以下のような態度の分岐にあるのだと思います。「確かに無意味だ。でも、そこそこ楽しい」「そこそこ楽しい。でも、無意味だ」

宮台真司 著作●→いろいろ知り尽くしていく道とは、実は断念への道なんです。断念を積み重ねていけばいくほど、楽になると同時に、認識も深くなっていく。だから、いかにうまく断念するかっていうことが、僕のような人間にとっては幸せへの道なんです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot


『この世からきれいに消えたい。
 美しき少年の理由なき自殺』

 朝日文庫
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索