計算不可能性を設計する ITアーキテクトの未来への挑戦

宮台真司bot

社会学2007年 

『計算不可能性を設計する
 ITアーキテクトの未来への挑戦』


 
宮台真司 著作●→感染動機を惹起できる「すごい教員」人材が現在時点で不在でも、10年前に存在すればITを用いた再現授業でカバーできることになります。極端な話をすれば、予備校に人間の教員は要らないと考えています。

宮台真司 著作●→映画や音楽は島宇宙内の内輪的コミュニケーションとしてしか流通しなくなりました。こうした変化を、映画や音楽や文書のアー力イブス化が促進しています。

宮台真司 著作●→「無自覚なマッド・サイエンティスト」は高度技術社会に付き物なのです。

宮台真司 著作●→物質的に豊かな社会で人々が多様な幸福を追求する中、死や暴力など誰もが嫌がるネガティブな要因を用いて動員するのは、高度な選択というより、成熟社会の政治ゲームのあり方に適応しただけです。

宮台真司 著作●→アーキテクトには、不条理さえ持ち込んでいいから、感動を創出してほしい。それが私の立場です。

宮台真司 著作●→現実に泥にまみれてデータベースを修正せよという物言いを、私を含めた年長世代の人たちは喜ぶでしょう。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『計算不可能性を設計する
 ITアーキテクトの未来への挑戦』

 ウェイツ
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索