クリティカル・ゼロ コードギアス 反逆のルルーシュ

宮台真司bot

社会学2009年 

『クリティカル・ゼロ
 コードギアス 反逆のルルーシュ』


 
宮台真司 著作●→70年代の日常のリアリティでは、『宇宙戦艦ヤマト』的旅烏「孤独な男=さすらう男」と、彼を見守る「母なる女」といったキャクラターを活かすには、舞台は大宇宙しかなくなった。

宮台真司 著作●→90年代に入って『新世紀エヴァンゲリオン』になると、「みんなロボットアニメに何を期待してるの?こんなものはしょうもないだろう」といった反省的観察をベースにした作品が出てくるわけです。

宮台真司 著作●→もともと人形劇は「成長もの」ではなく、オルタレーション、つまり「翻身もの」です。「翻身もの」を理解するヒントは、仮面にせよ人形にせよ、過剰にリアルに作り込んではダメだってこと。

宮台真司 著作●→「変身」は、特撮ヒーローみたいに、変わった後に元に戻れる可逆性があります。「翻身」は不可逆で、変わったら戻れない。ステージが上がって人格から神格に上がったら、神様になったまま。

宮台真司 著作●→太古の昔から、英雄譚は、世界を救済した英雄が、最後は殺されて死ぬか、追放されて終わるかです。「いなくなることによって神になる」。新世界を作った英雄は、殺されるか、消えるしかないんです。

宮台真司 著作●→「変身もの」が回復モチーフで希望ある時代のものだとすると、「翻身もの」は革命モチーフで閉塞した時代のものです。今は、人格から神格に上昇する翻身話が作れる「暗い時代」です。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『クリティカル・ゼロ
 コードギアス 反逆のルルーシュ』

 監督谷口吾朗・宮台真司 対談収載
 銀河出版
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索