踊ってはいけない国、日本 風営法問題と過剰規制される社会

宮台真司bot

社会学2012年 

『踊ってはいけない国、日本
 風営法問題と過剰規制される社会』


 
宮台真司 著作●→〈巨大なフィクションの繭〉の破壊は、現に社会がどう回っているとかいう〈リアリティ〉の獲得と同じです。世直しの営みを有効にするには、強力な〈価値〉と徹底した〈リアリティ〉が必要です。

宮台真司 著作●→80年代から発言力を増す新住民は、現に社会がどう回っているかの〈リアリティ〉を欠いた存在です。暴力団排除の世論も、店舗風俗排除や有害図書排除、クラブ終夜営業排除の世論も、専ら新住民のものです。

宮台真司 著作●→厳罰取締によるヤクザのマフィア化は、「新住民の気が済むかわりに、女の子たちを犠牲にさせる最悪のもの」です。暴力団排除が「新住民の気は済むが、生活世界に◯チガイが溢れる」になるのと同じ機序です。

宮台真司 著作●→グローバル化は資本移動自由化です。資本移動自由化は人を不安にします。店も人も文物も入れ替わるからです。人は不安から逃れたいから〈悪者探し〉にかまけがちになる。

宮台真司 著作●→社会的に恵まれず、知的ネットワークから排除された「孤独な人」が、もっぱら〈クレイジー・クレーマー〉として噴き上がります。

宮台真司 著作●→日本にはすでに棄民になっているのに自分がそうだと気づかない人が多いんですよね。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『踊ってはいけない国、日本
 風営法問題と過剰規制される社会』

 河出書房新社
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索