脱原発とデモ そして、民主主義

宮台真司bot

社会学2012年 

『脱原発とデモ そして、民主主義』


 
宮台真司 著作●→国会議員や霞が関官僚、電力経営陣や電力労組などの連中にとって、こういうデモは痛くもかゆくもありません。

宮台真司 著作●→デモをするにもやり方が大切です。僕がデモを主催する立場なら、有力な議員に対して「番組内で30秒以上デモに肯定的に言及してくれるなら、テレビの出演機会を提供します」という具合に持ちかけます。

宮台真司 著作●→官僚や議員の会見を官報宜しく垂れ流すだけの記者クラブのマスコミ。これらのシステムを温存したままで、僕らが〈巨大なフィクションの繭〉から出られるわけがありません。

宮台真司 著作●→原発推進政治家には落選運動を、原発納品企業や原発電源販売企業には不買運動を、徹底して展開していく。そのためにも原発電源販売企業から電気を買わないで済む発送電分離を早期に実施させる。

宮台真司 著作●→官僚は政治家に弱く、政治家は有権者に弱く、有権者は官僚に弱い関係にありますが、国民が直接運動で働きかけられるのは、政治家と経営陣です。

宮台真司 著作●→東電など地域独占的電力会社に原発を納入している東芝、日立、三菱。企業は営利団体です。儲かるから原発をやります。原発をやると商売上がったりになると思ったら原発の商売は必ずやめます。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『脱原発とデモ そして、民主主義』
 筑摩書房
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索