学校が自由になる日

宮台真司bot

社会学2002年 

『学校が自由になる日』


 
宮台真司 著作●→【教育】世の中には、わからなくても覚えなければならないことがたくさんあります。わからなくても覚えたことが、後にわかるようになって大きな資産になることがよくあります。

宮台真司 著作●→【教育】「何がいい人生か」は人それぞれです。それを他人に押しつけることはできないし、まして、そういう信念に基づいてつくった学校に、選択権のない子どもを行かせるなんて、もってのほかです。

宮台真司 著作●→【教育】「大学に入ってやりたいことがある」という学生が、日本では三割程度ということなのです。これは驚くべきデータです。日本以外の先進国ならば、大学生の大半がやりたいことがあると答えるからです。

宮台真司 著作●→【教育】失敗を恐れると試行錯誤しにくくなりますから、大人たちが安易に成功を望まず、むしろ失敗を奨励する必要があります。

宮台真司 著作●→【教育】子どもが単一の集団に所属し、少数の大人に抱え込まれているような状況を、異常だと認識するようなセンスを_とりわけ教育行政に関わる人間たちは_養う必要があります。

宮台真司 著作●→【社会設計】「初めからすべて計画しきれる」という発想を捨てることが大切なのです。計画は永久革命的な試行錯誤であるべきなんです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『学校が自由になる日』
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索