「消えた老人」はなぜ生まれるのか

宮台真司bot

社会学2011年 

『「消えた老人」はなぜ生まれるのか』
 「都市問題」公開講座ブックレット 東京市政調査会


 
宮台真司 著作●→日本ではなぜ政治主導がうまくいかないのか。
 理由はいくつかありますが、まず、我々国民が近代国家の本質を理解していない、ということがあります。

宮台真司 著作●→エネルギーの社会での使い方がどういうシステムや、体制や、人々のメンタリティと結びついているのか、結びつきやすいのかということについての知識社会的な成熟が、日本ではまったくないのです。

宮台真司 著作●→日本ではまだ、自然エネルギーを選ぶかどうかは、単なる電源の種類の合理性の問題だと理解されている。
 要は、自然エネルギーを使って共同体を再生させうる、という観点を持つかどうかではないか。

宮台真司 著作●→日本でも瀬戸内海の祝島で実施されていますが、「自然エネルギー100%」と宣言するのです。
 この「自然エネルギー100%」は、実は共同体自治がないと絶対に実現できないのです。

宮台真司 著作●→産業構造改革をしないで、先進国の企業が新興国と戦って生き残るということは、社会にとてつもなく恐ろしい事態をもたらすのです。
 そういう常識が日本にはありません。

宮台真司 著作●→グローバル化で経済成長すれば人々は貧しくなる。
 それなのに、まだ市場や国家に盲目的に依存できると思っている人たちがこれほど多い国は、日本以外にはありません。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『「消えた老人」はなぜ生まれるのか』
「都市問題」公開講座ブックレット 東京市政調査会
 後藤・安田記念東京都市研究所
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索