きみがモテれば、社会は変わる。 宮台教授の〈内発性〉白熱教室

宮台真司bot

社会学2012年 

『きみがモテれば、社会は変わる。
  宮台教授の〈内発性〉白熱教室』


 
宮台真司 著作●→この本のひとつの目的は、「社会とは何か?」「どんな社会がクソ社会なのか?」「クソ社会をまともな社会にするには、どうすればいいのか?」を明らかにしていくことです。

宮台真司 著作●→はっきり言えば、日本は最低の社会になっているわけです。たとえ経済が回っていても、人は幸せではない。経済が良くても幸せにならない社会なのだから、今のように経済が悪くなればもう、どん底です。

宮台真司 著作●→「経済さえ回復すれば大丈夫、経済さえ回っていればなんとかなる」という、日本だけのアホな発想は、世界レベルで見ればもう完全に「アウト」。グローバルに見て「とっくに終わってる」考え方です。

宮台真司 著作●→「社会を回す」ということの本質は、職を失ったり、離婚をしたり、あるいはちょっとした罪を犯すなどといった失敗程度では、けっして路頭に迷わずにすむような社会にしていくことでもあるのです。

宮台真司 著作●→人々が内発的に良いふるまいをしようと思っている社会こそが「良い社会」に決まっています。そうした「良い社会」の実現が、政治の〈最終目標〉であるべきなのです。

宮台真司 著作●→モテないというのは、どういうことか? 他人を幸せにすることができないということです。頭がいい、親や周囲のウケもいい。その程度で幸せになれると思っているとしたら、それはすでにアウトです。

宮台真司 著作●→親や学校、腐った社会が期待するような「いい子」「いい人」なんかには、死んでもなってはいけません。

 勉強ばかりをシコシコやって、他は何もわからない、ただ偏差値が高いだけの利己的なバカにはなるな!

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『きみがモテれば、社会は変わる。
 宮台教授の〈内発性〉白熱教室』

 イースト・プレス
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索