これが答えだ! 新世紀を生きるための108問108答

宮台真司bot

社会学1998年 

『これが答えだ!
 新世紀を生きるための108問108答』


 
宮台真司 著作●→「どんどんチャレンジしなさい」と言うクセに、子供が失敗すると怒る親がいます。そういう子供は「チャレンジしろ」と言われていても、成功しないと承認してもらえないから、安全パイばかり選ぶようになります。

宮台真司 著作●→「怒り」の感情は、思い通りにならない世界を前に、思い通りにしたいという思いを能動的に表出するものです。だけど「悲しみ」は違う。思い通りにならなかった世界を、あるがままに受け入れるときに生じるもの。

宮台真司 著作●→死刑を廃止した国では、宗教家や人権活動家が、死刑にすることよりも、改心した殺人者とのコミュニケーションによってこそ本当の癒しが訪れるということで、殺人者の獄中状況を被害者遺族に伝えたりする、きわめて重要な活動をしています。

宮台真司 著作●→女の子が「自分の人生がうまくいかないのは太ってるからだ」と思うのは、「俺がモテないのは背が低い、年収が低い、学歴が低いからだ」と考えるバカ男と同じです。実際は人間としてツマラナイからモテないのに。

宮台真司 著作●→北欧諸国では「子供が学校に行きたがらない」と市に言えば、すぐにチューターが家に来る。イヤなら別のチューターにチェンジ可能。学校に行こうが行くまいが教育を受ける機会を奪わないという意思を大人たちが持っている。

宮台真司 著作●→家庭内暴力事件は、「これさえあればお前は幸せ」と言う無責任なおせっかい親の自業自得なのです。成熟社会では、責任ある親は、「お前の幸せは自己責任で試行錯誤して探せ」と言わなければなりません。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot


 

『これが答えだ!
 新世紀を生きるための108問108答』

 朝日文庫2002年/飛鳥新社1998年
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索