スポンサーサイト

宮台真司bot
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福論remix 天皇制

宮台真司bot

 話をする上で、他分野との用語のすりあわせが必要なのかな、と、こさえた自習メモ。
 門外漢にはいろいろ耳慣れぬ表現のオンパレードではあれど、
よく見ればなじみの概念が頻出する書籍 『幸福論』 をベースに。 

→幸福論remix 目次

【てんのう 天皇制】
  • 天皇制という言葉は共産党が作った言葉です。私は天皇制の歴史的変化を追う作業をそれなりにやっています。
    『歴史の中のサンカ・被差別民』
  • 最大の問題は、「天皇の政治利用」をいかにしてやめるかです。それは「私益のために公益を騙る輩」に騙されないために必須、かつ「愛国の体をなさぬ国粋」へと堕落しないために必須です。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』

 

【天皇制 機能】
  • 同じ前提を共有するかどうか定かではない者同士が、特殊なシンボルを共有することで「同じさ」を演出し、「同じさ」の圧力に服する -- これを「草の根の天皇制」という。
    『天皇ごっこ』
  • 近代天皇制には「忘却と融和の装置」としての側面があります。天皇の祝福を受けた者たちとそうではない者たちという区別を設けることで、祝福を受けた田吾作たちを等し並に横並びにする機能を果たします。
    『歴史の中のサンカ・被差別民』
  • 「近代天皇制」は「同じ臣民」「天皇の赤子」というシンボリックなファンタジーによって、言い換えれば「日本人」というフィクショナルな共同性によって、失われゆく村落的共同性を埋め合わせる機能を果たした。
    『まぼろしの郊外』
  • 鎌倉時代以降、体制が根底から変わっても、天皇を立てて「国体は変わっていない」とする。つまり虚数的なものを持ち出して不変性を納得してきました。
    『民主主義が一度もなかった国・日本』
  • 本来なら渾身の思考によって「愛国」の本義を示すべき首相選出が、単なる茶番に堕している体たらくは、国会が指名し天皇陛下が任命するという「田吾作による政治利用」抜きにあり得ない話です。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 天皇には、首相に公務があるような意味での公務はありません。天皇に国事行為をお願いすることが憲法を通じて統治権力に「認められている」のであって、天皇が国事行為の義務を負うわけじゃない。
    『天皇と日本のナショナリズム』
【天皇制 機構】
  • 皇室はヨーロッパの王室と違います。日本の天皇制は立憲君主制だったことはありません。ヨーロッパの王室は俗人であり、立憲君主制は俗人王にしか適用できないからです。
    『天皇と日本のナショナリズム』
  • 天皇を日本国民と考えれば、矛盾の嵐でとても正当化できません。日本国民でないと考えないと、日本国憲法はまともに読むことすらできない。実際、基本的人権の大半がないんです。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • [天皇には]基本的人権の大半がないんです。日本国民の範疇に入っているとすれば、到底許されない。しかし、それでいいと日本国民が考えているのです。驚くべきことです。それが、現に生きられる憲法意思です。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 天皇や皇室に基本的人権がないことを、国民の大半が意識しません(意識しないことも含めて憲法意思です)。なぜ意識できないのかと言えば、それは近代天皇制が「田吾作による天皇利用」の装置であることに関係します。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 天皇や皇室はそもそも「貴賎カテゴリー」ではなく「聖穢カテゴリー」に属します。それは日本社会のルーツにあるシャーマニスティックな構成に由来します。
    『天皇と日本のナショナリズム』
  • 環節社会で聖的存在だった天皇は、階層社会で「頂点かつタブー」になるが、それは聖なる存在だった娼婦が「最下層かつタブー」になるのと類比的である。
    『天皇ごっこ』
  • 天皇はわかりやすく言えば、桜と同じなんですよ。でも、だからこそ、驚くべきことなんです。
    『サイファ覚醒せよ!』
【天皇制 企図・明治維新】
  • 近代天皇制とは、統治権力の中枢にいた必ずしも天皇を尊敬していない人間たちが、動員装置として作り上げた不敬なアーキテクチャーです。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 近代天皇制こそまさしく、近代の遥か手前にいる「田吾作」たちを、国家レベルで祭り的に動員するために、松下村塾系ないし岩倉使節団系の連中が、ありったけの知恵を絞って考案したシステムです。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 明治の開明派は、田吾作をムラから引きずりだして国民化するために「天皇が臣民を思う気持ちは父が子を思う気持ちと同じ」「臣民が天皇に報いるのは子が父に報いるのと同じ」という親子モデルを流用しました。
    『天皇と日本のナショナリズム』
【天皇制 企図・戦後】
  • 天皇が自発的に辞めると言いださないように、天皇の次期後継候補に責務を刷りこむプロセスがいわゆる帝王学。帝王学を授けるのは皇室の方々ではなく、宮内庁の役人や宮内庁が選んだ学者や識者が授ける。
    『天皇と日本のナショナリズム』
  • アメリカが天皇制を残したのは日本人に「歴史=物語」を忘れさせるためです。それを僕は以前から「忘却と融和の装置」と呼んできました。 http://is.gd/eEqVR
  • 戦後になって初めて「天皇陛下の下で仲良く平和に暮らす日本国民」というイメージが、ベタに抱かれるようになった。それこそは、アメリカが日本を研究し尽くした上で立てた、日本人から復讐の牙を抜くための占領戦略の帰結です。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 僕たちの民度があまりに低いので、「天皇陛下が近代化を望んでおられる」というスキームで動員を図らないと、近代化の早期達成は無理だったのは確かです。福沢諭吉もGHQもそう思った。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 敗戦後、唯一の「よきもの」である天皇が後景に退いた結果、日本に存在するとか、日本でコミュニケーションするということが、どんな「よきもの」とも関係ない、単なる砂を噛むような事実性に頽落しました。
    『天皇と日本のナショナリズム』
  • 空気が一変するとモードが切り替わります。敗戦後の僕たち日本人は空気の一変によって天皇主義モードから民主主義モードになったのです。間違っても天皇主義者から民主主義者に転向したのではありません。
    『IT時代の震災と核被害』
  • ゲームはいつかは変わるんです。今までも、維新後に「羽織袴」のゲームから「洋装」のゲームに変わり、敗戦後に「天皇陛下万歳!」のゲームが「マッカーサー万歳!」のゲームに変わってしまったように。
    『民主主義が一度もなかった国・日本』
【天皇制 状態】
【天皇制 尽力】
  • 象徴天皇制がシステムとして回っているように見えるのは、天皇が事実的に政治的発言を控えておられるからであり、制度があるからではなく、陛下の御意があるから回るのが、象徴天皇制だということです。
    『天皇と日本のナショナリズム』
  • 準公共的に慰霊するべきA級戦犯を公共的に慰霊してしまっては、A級戦犯が悪かったという国際的虚構による手打ちが台無しになる。だから天皇陛下はすべての事情を知りながら参拝を控えておられるのです。
    『中国 隣りの大国とのつきあいかた』
  • 僕は、いまのような天皇制を長続きさせることは、天皇と皇族の方々への負担が重すぎるという意味で、やはりできないと思っています。
    『天皇と日本のナショナリズム』
【宮台真司】
  • 僕が生まれる前に事故死した生物学者の祖父が長らく御進講さしあげていた昭和天皇について、[父母や祖母から]沢山の話を聞くことができました。
    『憲法対論 転換期を生きぬく力』
  • 僕はずっと理科系志望でした。親族がみんな理科系だったし、たまたま祖父が天皇陛下(昭和天皇)に生物学を講じる学者で、自分も生物が好きだったからその跡を継ごうかとも考えていました。
    『美しき少年の理由なき自殺』
  • 私の師匠で骨の髄まで天皇主義者である天才社会科学者・小室直樹の囁きが、頻繁に脳内に響くようになってきた。「宮台君、理論的に考えてみたまえ。日本で世直しを追求するなら、天皇主義以外はありえないのだよ」と。
    『天皇ごっこ』

→幸福論remix 目次



カテゴリ
リンク
サイト内検索


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。