プレジデント 2017年5月1日号 30代の心がけ』

宮台真司bot

社会学2017年 

『プレジデント 2017年5月1日号 30代の心がけ』


 
宮台真司 著作●→私は「1986年分水嶺説」を唱えている。今年31歳になる「86年生まれ」と、それ以下の「86年以降生まれ」には、実は大きな違いがある。

宮台真司 著作●→「86年以前世代」は、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件、援助交際ブームなどを経験しており、「社会は5〜7年ごとにガラリと変わる」という感覚を持つ。

宮台真司 著作●→私の定点観測でも、男子学生は05年頃から、女子学生は10年頃から飲み会でシモネタを避けるようになった。

宮台真司 著作●→【「30代の心がけ」3カ条】

①「仲間はずれ」を恐れてはいけない。主体的な行動をとって、「他人の目線」から自由になれ。

②他者に対して想像力を慟かせろ。「指示待ち人間」を脱して、みずから問題提起をしろ。

③必要なことはまるごと「暗記」しろ。暗記しておくことで、はじめて思考する余裕ができる。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『プレジデント 2017年5月1日号』
 プレジデント社



カテゴリ
リンク
サイト内検索