社会という荒野を生きる。 宮台真司ニュースの社会学

宮台真司bot

社会学2015年 

『社会という荒野を生きる。宮台真司ニュースの社会学』


 
宮台真司 著作●→拡がる〈感情の劣化〉は既に一部で意識されるようになり、個別には対処も進んでいる。最もよく知られるのが2010年から拡がった初期利用者層のフェイスブック離れだ。

宮台真司 著作●→【「風の谷」戦略】共通するのが、インターネットを劣化空間と見倣して切り離すことでコミュニティを保全する構えだ。これらは謂わば「社会を荒野と見倣して共同体存続を図る試み」だ。

宮台真司 著作●→共同体をインターネットから見えなくする〈見えないコミュニティ化〉は選別&排除のシステムで、しかも排除されている当事者には排除されている事実が分からない。

宮台真司 著作●→女性は一般的に「異性の視線に敏感だ」と言われます。でも、ちゃんと見ると、実際は「男の視線に対する自分の反応を、他の女が見たらどう思うか」を気にしているんです。

宮台真司 著作●→「日本の伝統」という言い方がよくありません。「この地域の伝統」と言うならいい。「日本の」と言うと日本全体にそうしたような伝統があるかのように聞こえてしまう。

宮台真司 著作●→刑法学とか民法学とかだと、法実務の世界があるでしょ?でも、憲法学にはないということで、日本では「机上の空論にいそしむ人たち」というイメージがあり、陽が当たらないのです。まさに法文化の貧困です。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『社会という荒野を生きる。 宮台真司ニュースの社会学』
 宮台真司
 ベストセラーズ 
 




カテゴリ
リンク
サイト内検索