これからの学校教育を語ろうじゃないか

宮台真司bot

社会学2015年 

『これからの学校教育を語ろうじゃないか』


 
宮台真司 著作●→日本の教育は、基本的に失敗しています。先進国のなかで、産業構造改革にも、財政構造改革にも失敗しているのは、日本だけです。

宮台真司 著作●→僕たちが「熟議」とか「コミュニケーション」という言葉を使っても意味がありません。なぜなら、民主主義の概念を勘違いしているのに、それを正していないからです。

宮台真司 著作●→90年代に裏世界と警察の交流が途絶し、アンダーグラウンドの状況が全くわからなくなってしまった。そこで何もかもつぶすしかないという状態に追い込まれた。これが暴力団排除条例です。

宮台真司 著作●→貧困はどこの国でも共同体の問題として理解されます。ところが日本では貧困が個人の問題だと理解され、「俺のほうが困っているのに、なんでアイツがもらうんだ」と浅ましく騒ぎ立てる。
 こういう社会では国が何をしても幸福度は上がりません。これは教育の失敗です。

宮台真司 著作●→身体性を失った人たちが頭なし胴体とか胴体なし頭みたいになって、まったく社会の成り立ちがわからない状態でクレージー・クレーマーになっている。

宮台真司 著作●→勉強していると、「僕は以前こういうことを言っていたけれど、やっぱり違った」となる。いつも同じことを言っているのは、自明性の中に埋没して頭を使っていないということでしょう。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『これからの学校教育を語ろうじゃないか』
 梶田叡一,國分康孝,日置光久,奈須正裕,杉田洋,押谷由夫,永田繁雄,森田洋司,磯谷桂介,嶋崎政男,藤田晃之,宮台真司,鈴木寛
 諸富祥彦 編
 図書文化社
 



カテゴリ
リンク
サイト内検索