いま、幸福について語ろう 宮台真司「幸福学」対談集

宮台真司bot

社会学2015年 

『いま、幸福について語ろう 宮台真司「幸福学」対談集』
 佐々木心音との対談パート


 
宮台真司 著作●→僕も、いわき市に住む弟が震災から連絡が取れず、弟の目にとまるように原発関連のツイートを大量に発信して、脱原発の活動家みたいになりましたが、当初の僕は弟の安否が気がかりで、誰かが弟の安否情報を教えてくれるんじゃないかという思いでした。

宮台真司 著作●→僕なりにアドバイスすると、色気を学ぶのに有効なのは、古い映画を観ること。今の子たちは、グラビアアイドルにしても女優にしても、エロくありません。1990年代半ばくらいまでは、間違いなく今よりもずっとエロかった。

宮台真司 著作●→〈ここではないどこか〉へと誘う力。神秘性と言ってもいい。「神秘=よくわからないもの」だからです。「私はよくわからないものへと開かれている」という感受性を持つ人にしか、本当の色気は表現できないんです。

宮台真司 著作●→日本の売春は、1958年の売春防止法施行の後に犯罪になりましたが、江戸時代から第二次大戦の敗戦までは公娼制度がありました。敗戦後は公娼制度がなくなりましたが、占領軍の要求もあって、売春がずっと合法でした。

宮台真司 著作●→日本だけでなく、ヨーロッパにも「聖なる娼婦」の観念があります。つまり子宮回帰願望を投影された母親的存在。「この世はかりそめの場所だから、元いた場所へ帰りたい」という発想を神秘主義と言いますが、まさに神秘主義の典型です。
 子宮に還(かえ)る、母親に還る、海に還る、大宇宙に還る。自分が世界から分け隔てられる前の、温かくて大きなもののなかに溶け込んでいた頃に、還る。

宮台真司 著作●→「脱ぐ脱がない」なんて女優にとっては本当にどうでもいいことで、映画には脱がないと成立しないシーンがあるから脱ぐというだけのことです。
 映画で「聖なる娼婦」を演じる女優が、脱がないなんでありえません。なぜなら、剥き出しの体からオーラが出るからです。「脱ぐとイメージが壊れる」というクズ女優もいますが、脱ぐことで壊れるイメージなど初めから壊れています。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『いま、幸福について語ろう 宮台真司「幸福学」対談集』
 宮台真司
 コアマガジン



カテゴリ
リンク
サイト内検索