いま、幸福について語ろう 宮台真司「幸福学」対談集

宮台真司bot

社会学2015年 

『いま、幸福について語ろう 宮台真司「幸福学」対談集』
 青山裕企との対談パート


 
宮台真司 著作●→男子の凝視が始まるのは小学校高学年くらいからですが、男子にとって凝視対象の女子は”謎”です。性欲を惹起する存在=女子が、男子と同じように生きて何かを考えたり感じたりしていることが腑に落ちない。

宮台真司 著作●→女の子の多くは、女の子に同化できると同時に、男の子の視線にも同化できる。僕の言葉では、女の子の多くは、女の子にも男の子にも”ダイブ”できる。彼女たちがBL(ボーイズラブ)を楽しめる背景にも、それがあります。

宮台真司 著作●→援交ブームだった20年前もそうだけど、女の子は、高校生になるまでに「無自覚で無防備だと男に好かれがち」であることを弁え、意識的にピュアさを演じるようになります。実際、援交で人気が集中するのは、ピュアさを演じている子だったわけです。

宮台真司 著作●→課題や目的があれば、単なる”自分”じゃなく”自分を見る自分”という視点が取れるようになります。それによって、課題がないときの、剥き出しで弱いがゆえに引きこもりがちな自分と遣い、「自分を運転する自分」が得られて、課題の縛りゆえに逆に自由になります。

宮台真司 著作●→女の子の多くは血糖値が機嫌に直結するので、チョコやアイスを食べたら急に元気になったりするんです(笑)。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『いま、幸福について語ろう 宮台真司「幸福学」対談集』
 宮台真司
 コアマガジン



カテゴリ
リンク
サイト内検索