戦争と性

宮台真司bot

社会学2014年 

『戦争と性』


 
宮台真司 著作●→ヨーロッパの多くの国が管理売春を合法化しました。最近もデンマークが1999年に、オランダが2000年に、ドイツが2002年に合法化しました。フランスとベルギーとスイスは元々合法です。
 日本では、米国の影響で、管理売春は非合法で、女性の自由意思の実質的な保障もありません。

宮台真司 著作●→経済的困窮から仕方なく売春する女性は、自由意思を行使しているように見えますが、附従契約 -- 余儀なくされた選択 -- なので、法実務では自由意思を認めません。

宮台真司 著作●→自由意思を実質的に保障するには売春の管理化が不可欠です。だから欧州には街娼がいるものの[管理売春×自由意思]が重視されます。でも日本は、米国の影響で「公式には」街娼を放置する[非管理売春×自由意思尊重]。

宮台真司 著作●→巨大な米軍基地があり、兵士による数多の性犯罪が起こり、多数の女性が死にました。そこで沖縄民政府は米国に慰安所を公設するように(管理売春による暴力の管理を)要求しましたが、米軍は断囲拒否しました。

宮台真司 著作●→米国は宗教的原理主義の国で、ピューリタン的性道徳に帰依する人々が政治的影響力を持ちます。だから、兵士の暴力をコントロールするべく、税金を使って兵站としての性を管理売春を通じて提供するなど、あり得ません。

宮台真司 著作●→ヒルシュフェルトの主張は単純です。戦争がしたいなら、道徳的類廃にツベコベ文句を言うな。道徳的頬廃にツベコベ文句を言うなら、戦争をやめろ。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot



 リンク【Togetterまとめ】宮台真司「朝日新聞慰安婦報道問題をどう検証すべきか」
 リンク M・ヒルシュフェルト『戦争と性』明月堂の、宮台解説






『戦争と性』
 マグヌス・ヒルシュフェルト
 宮台真司 解説
 明月堂書店
 





 

カテゴリ
リンク
サイト内検索