オタク的想像力のリミット 〈歴史・空間・交流〉から問う

宮台真司bot

社会学2014年 

『オタク的想像力のリミット 〈歴史・空間・交流〉から問う』


 
宮台真司 著作●→マニアとオタクとどこが違うか。これは「既成宗教とカルトはどこが違うか」という宗教社会学的問題の応用です。答えは同じです。市民社会との両立可能性が疑われるものが、オタクであり、カルトなのです。

宮台真司 著作●→日本のオタク的コンテンツが、国外で大きな力を持つようになった理由を、カルスタでは扱いきれません。〈大英帝国的な反省ツール〉を日本のオタク的コンテンツに当てはめても、所詮は何も見えないのです。

宮台真司 著作●→僕は『サブカルチャー神話解体」を上梓した92年から昭和コンテンツの歴史についての講義を20年続けていますが、この5年間の食いつきが最も良いのです。学生たちの言によれば「平成に希望が持てないので、相対的に昭和が輝いて見える」ということです。

宮台真司 著作●→『ウルトラセブン』シリーズ終了後に放映された『怪奇大作戦』では、「社会から虐げられた者が犯罪を以て復讐する」形式が反復されます。実相寺昭雄監督の回の全てがそうですが、復讐の瞬間、復讐者には心中者と同じ「光」=〈闇の力〉が降りています。

宮台真司 著作●→僕が麻布学園で中高生時代を生きた70年代半ばは、振り返ると毎日が相当に苦しい時代でした。実際、自殺したりドロップアウ卜したりする友人たちもいました。僕には証言するべき義務があるのです。

宮台真司 著作●→社会はクソ。俺もクソ。お前もクソ。だからこそクソな現実を、あり得たかもしれない(絶対にあり得ない)想像的世界と併せて、拡張現実的に享受する他ないのです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『オタク的想像力のリミット
〈歴史・空間・交流〉から問う』

 宮台真司 監修
 筑摩書房



カテゴリ
リンク
サイト内検索