スポンサーサイト

宮台真司bot
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちはどこから来て、どこへ行くのか

宮台真司bot

社会学2014年 

『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』


 
宮台真司 著作●→全体主義に抗うのに、非全体主義的な -- 徹底して民主主義的な -- やり方は採用できないのか。あるいは、いまや有効性が低すぎて、全体主義を使わずには全体主義に抗えないのか。
 今日最先端の政治学や政治哲学においては悲観的な見方が拡がっている。

宮台真司 著作●→3・11で〈終わりなき日常〉は終わったか。あり得ない。〈終わりなき日常〉には三つのレイヤーがあり、どのレイヤーでも3・11が何の影響も与えていないことを、簡単に証明できる。

宮台真司 著作●→「現実」にまともに乗り出さないで「虚構」に留まることについて、いままでは言い訳が必要だったのですが、オウム事件以降は、言い訳がいらなくなったのです。

宮台真司 著作●→「現実」も「虚構」も、大衆文化も伝統文化も、学問もサブカルチャーも、全てが、〈自己のホメオスタシス〉にとっての素材になったのです。この意味での「軽い現実」こそが、「セカイ」と呼ばれるものの本体です。

宮台真司 著作●→「セカイ系」と、「現実」を「虚構(ゲーム)」のように生きる「バトルロワイヤル系」とが、分化(differentiatin)した、ここ10年以上続いている状況は、安定した動的平衡状態(定常状態)です。この状態が相当長く続くのではないかと推定されます。

宮台真司 著作●→ありとあらゆるものが恣意的であることを指摘し、それを指摘する自分の営みもまた恣意的であることに自己言及するのが、社会学です。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot


関連情報
2014年05月14日 リンク 鶴見済 [ 宮台真司による捏造記事を訂正する ]
 ┗  リンク そのはてぶ




『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』
 宮台真司
 幻冬舎
 



カテゴリ
リンク
サイト内検索


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。