教育「真」論

宮台真司bot

社会学2004年 

『教育「真」論』


 
宮台真司 著作●→を国家だと考えますと、普通なら箱が中身の間尺に合うかどうかが問題になります。つまり国家が国民のために機能しているかどうかを検討することが当たり前になります。でも、日本では中身はどうでもよくて箱がすべてなんですね。

宮台真司 著作●→64年以前の日本人にとってのヒーローは坂本龍馬じゃなく西郷隆盛だったんです。龍馬がヒーローだという、まさに昭和後期的な司馬史観の席巻によって、それまでの史観を支える国民的共通感覚が忘れられるようになったんです。

宮台真司 著作●→ゴジラが怪獣のルーツですが、僕の考えでは、これは日本人の空襲体験と密接な関係があります。敵兵の顔が見える地上戦を経験したか否か。空襲だと、大震災あるいは落雷のごとき天変地異に類似した受けとめ方になるわけです。

宮台真司 著作●→「生きていればいいことがある」「君の悩みは小さいことだ」といった「ありがちなコミュニケーション」をすると、自殺しようとする側が、むしろ死に向けて追い込まれていく。このことへの気づきが第1ステップです。

宮台真司 著作●→怪獣という表象は非常に日本的です。怪獣はモンスターとは違って先天的悪役ではありません。怪獣は人間の不遜さがつくり出した歪みです。人間を困らせることを通じて人間に教訓をもたらすのです。怪獣に悪意はない。

宮台真司 著作●→ロマンチシズムの本義は「不可能性の志向」です。不可能だとわかっているからこそ、命懸けでコミットメントし、そして死ぬときに「素晴らしい夢を生きることができた」と死んでいくのがロマンチストなんです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『教育「真」論』
 That’s Japan Special 連続シンポジウムの記録
 



カテゴリ
リンク
サイト内検索