地震と原発 今からの危機

宮台真司bot

社会学2011年 

『地震と原発 今からの危機』
 マル激 トーク・オン・デマンド 特別編


 
宮台真司 著作●→民度の低い社会で、政治家が果敢な振る舞いをすれば、そもそも行政官僚が勝利する社会システムだから、果敢な政治家が放逐されます。

宮台真司 著作●→行政は「利用」するべきもので「お任せ」するべきものではありません。

宮台真司 著作●→ロハスは文字通りライフスタイル、つまり趣味に関わる個人的選択。スローライフはそれと違って、ソーシャルスタイル、つまり趣味ではなく共同体自治という社会的選択。日本人はこの区別がつかないらしい。

宮台真司 著作●→「家族の共住共食が崩壊しても、コンビニ弁当を買いに行けば困らない」「地元商店街が崩壊しても、量販店があれば困らない」自治軽視の過剰、市場依存の過剰は、日本独特です。

宮台真司 著作●→権益構造ゆえに、御用学者や御用官僚や御用政治家が、たかが私企業にすぎない東電に加担して、国民の命運を左右するような原子力行政をステアリングできるような社会的仕組みを何とかしなければなりません。

宮台真司 著作●→「平時」にしか働かないシステムへの依存。「平時」に依存した思考停止。震災と原発事故を契機に思考停止が若い世代に継承されなくなってほしい。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『地震と原発 今からの危機』
 マル激 トーク・オン・デマンド 特別編
 扶桑社
 



カテゴリ
リンク
サイト内検索