スポンサーサイト

宮台真司bot
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発 決めるのは誰か

宮台真司bot

社会学2015年 

『原発 決めるのは誰か』


 
宮台真司 著作●→専門家は安全性を議論できる。僕たちはどのような社会がいいのかについて考えたい。そのことについて専門家は回答を与えてはくれない。ではどうするのか。自分たちで引き受けて考える必要がある。
 専門性を引き受けるということではなくて、価値を引き受けるということです。

宮台真司 著作●→福島大学の学生達を取材すると、教員も学生も原発や放射能汚染の話は事故当初からほとんどしないそうです。地元の人達が大勢、原発や電力会社に関わっていて、知人の誰が関わっているか分からないからです。
 「人間関係を破壊する問題については話せない」とはっきり言うんですね。これこそが、「ムラ」の論理です。

宮台真司 著作●→若い人たちは、価値を持つことで人間関係上の適応ができなくなることを恐れています。だから、価値なんか持たずに周りに合わせていればいいと思っているのです。

宮台真司 著作●→原子力ムラから外に出たときに、生きていけるような居場所があるだろうか。日本の場合、多くの人が「ない」と確信してしまうのですね。だからこそ、ムラの人びとは、ムラに必死にしがみつくしかないわけです。

宮台真司 著作●→日本の場合、原力ムラと反原子力ムラという内集団同士が、敵と味方に分かれて闘います。それぞれに揺るぎない「正しい答え」をもっていますから、合理性(リーズニング)が問われるよりも、どっちが勝つかだけが問題とされるのです。これが、日本社会の圧倒的な貧しさですね。

宮台真司 著作●→野次や吊し上げが典型ですが、糾弾モードの振る舞いが、市民運動側に蔓延していないでしょうか。そうしたことをやはり問いたいのです。相手方との合意に至ろうとか、知らなかった何かに気づこうという構えが、ほとんど見られないのは問題ではないか、ということです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『原発 決めるのは誰か』
 吉岡斉, 寿楽浩太, 宮台真司, 杉田敦
 岩波ブックレット
 岩波書店


スポンサーサイト

21世紀のマダム・エドワルダ バタイユの現代性をめぐる6つの対話

宮台真司bot

社会学2015年 

『21世紀のマダム・エドワルダ バタイユの現代性をめぐる6つの対話』


 
宮台真司 著作●→SNSに代表される〈脳内ダダ漏れ〉のせいで情報非対称性が崩れ、どんなに立派に見える者も〈実際はしょぼい〉という予期が一般化した。

宮台真司 著作●→テクノロジーによる主体解体がもたらすのは〈全体性への統合〉でなく〈混沌による解放〉です。このビジョンはクローネンバーグが映画化したJ.G.バラード『クラッシュ』に描かれます。

宮台真司 著作●→ソクラテスは世界を混沌だと捉えます。社会の秩序は混沌に浮かぶ奇蹟の島。ここには〈全体性への統合〉か〈混沌による解放〉かという二項図式が見られます。

宮台真司 著作●→〈統合〉派がシンフォ系プログレで、ピンクフロイドやイエスや初期クリムゾンが典型です。〈混沌〉派は爆音ギター系プログレで、1974年解散以前の後期クリムゾンが典型です。

宮台真司 著作●→不可視の本来性を追求する営みは、往々にして「これが不可視の本来性」というクリシェに嵌まります。

宮台真司 著作●→テクノロジーが発達すると人格的統合概念が意味をなくし、社会成員がコンピュータでも犬でも人でも構わなくなるし、人の頭と手に別の主体性があっても構わなくなる。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『21世紀のマダム・エドワルダ バタイユの現代性をめぐる6つの対話』
 大岡淳 編著
 光文社
 



これが沖縄の生きる道

宮台真司bot

社会学2014年 

『これが沖縄の生きる道』 第4章
 国境に生きる人々の知恵



宮台真司 著作●→ぼくが「格差と貧困が増大した」という言い方よりも「中間層が分解し共同体が空洞化した」という言い方を好むのは、非貧困層であっても〈感情の劣化〉を被るメカニズムに言及できるからです。

宮台真司 著作●→一部の調査では、安倍支持層の若い世代は、他の若い世代に比べて、所得は高いが独身者が多く、独身者の中でもパートナーがいない割合が多いという結果、が出ています。

宮台真司 著作●→ネトウヨをはじめとする都市的保守は歴史的経緯を知らないし、たとえ知ったとしてもどうでもいいと思っているでしょう。この種の問題をぼくは「河野太郎と河野洋平の区別つかない問題」と呼びます(笑)。
 
宮台真司 著作●→国立社会保障・人口問題研究所の人口予測では2030年に1億1662万人に減り、2060年には8674万人に。凄まじい人口減ゆえに、商店街が経済的に沈滞する大きな趨勢は多くの場所で変えられない。

宮台真司 著作●→互いに見知らぬ個別地権者の恣意に任せれば、各人が自己利益を優先するから、意見集約が難しくなります。すると短期的な利益が見通しやすくて合意しやすいショッピングモールができることになります。

宮台真司 著作●→重要なのは、商店街の全体性を考えながら計画を立てることです。その際「一見活発な商店街に見えて、大半がチェーン系」みたいになっても仕方ありません。そこには地域住民にとっての街がないからです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『これが沖縄の生きる道』
 仲村清司、宮台真司
 亜紀書房



カテゴリ
リンク
サイト内検索


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。