ワークショップと学び 1 まなびを学ぶ

宮台真司bot

社会学2012年 

『ワークショップと学び 1 まなびを学ぶ』


 
宮台真司 著作●→【教育】教育を子供が幸せな大人になるためのものだと理解する向きが多いが、社会学では「動機づけと選別」を通じて社会システムの再生産に必要な、分業編成に応じた人材養成を行う営みだと理解する。社会のために子供を不幸にしても良いとする構えである。

宮台真司 著作●→【社会学では】学校や教室が適切な環境であるがゆえに授業が円滑に行われることに、意味を見出さない。むしろ「荒れた」教室や学校で育つことで、社会システムが必要とする人材が供給される場合があると見る。

宮台真司 著作●→【社会設計】70年代の福祉国家財政破綻を機に先進国は〈行政に従ってオカネを貰う社会=補助金行政〉から〈善いことをしないと儲からない社会=政策的市場〉に転換。日本でだけこうした動きが生じなかった。

宮台真司 著作●→【社会基盤】百年も経たずに社会成員の全体が入れ替わるのに「社会がその社会であり続ける」 -- 意味はどうあれ「日本が日本であり続ける」 -- のは、考えればありそうもない。

宮台真司 著作●→【社会設計】失敗すれば脱法者として血祭りにされる政治家のなり手がいなければ、社会は崩壊する。だがもっと深い問題は、たとえなり手がいても社会が崩壊することが確実な場合、どんな社会的な振る舞いが推奨されるかだ。

宮台真司 著作●→【世界観】神秘体験の存在は神秘現象の存在を意味しないというカール・グスタフ・ユングの有名な言葉が示すように、我々に与えられるのは〈世界〉でなく〈世界体験〉にすぎない。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『ワークショップと学び 1
 まなびを学ぶ』

 東京大学出版会
 


増税は誰のためか マル激9

宮台真司bot

社会学2012年 

『増税は誰のためか マル激9』


 
宮台真司 著作●→「熟議が大切だ」とか「話しあえばいい答えが出る」というデタラメな信仰を捨てて、どうすれば合理的な合意形成ができるか、という戦略的手順を考えなければいけない。【政治】

宮台真司 著作●→視聴者のニーズの先取りばかりするマスメディアには存在価値はない。不安にさせるなとか、自分だけは無傷でいたいという人々の欲求を無視できないのはわかりますが、一方で知りたくなくても知るべきことがある。【メディア】

宮台真司 著作●→孫正義さんみたいな方が再生可能エネルギーに参入すると、「あれはビジネスパーソンで、儲けのために言っているんだ」とかね、それで批判したつもりになってるバカがいっぱいいるんですよ。善いことをして儲けるのは善いことですよ、当たり前でしょ。だから僕は、孫正義批判を見てると、日本以外の国にはお見せできないバカバカしさを感じて、もうたまらない。お金と思いやりや、お金と社会貢献を対立させて見るような発想は、僕にはまったく意味がわからない。【民度憂国】

宮台真司 著作●→もともと、日本人の税金に対する意識は、諸外国と比べて異質です。「タックスペイヤー(納税者)としての要求を政府に課す」という習慣がなく、税金がまるで上納金や年貢のように捉えられています。【民度憂国】

宮台真司 著作●→日本の学生は圧倒的にグループワーク能力が低いのです。ゆえに高い学歴を持っていても使える人材とは限らないし、学卒一括採用では入社3年以内に36〜37%が辞めてしまう。【人材教育】

宮台真司 著作●→そもそも、生きていること自体に意味はないですからね。無意味なことはやらないと言ってたら、生きていられない。無意味とか理不尽とか不条理は、生きることの出発点なんです。【自己陶冶】

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『増税は誰のためか
 マル激 TALK ON DEMAND vol.9』

 扶桑社
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索