スポンサーサイト

宮台真司bot
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「麻原死刑」でOKか?

宮台真司bot

社会学2006年 

『「麻原死刑」でOKか?』


 
宮台真司 著作●→国民が不安でおろおろ・おたおたするようになればなるほど、何かというと「断固たる措置」「決然たる態度」をとる統治権力が人気を得やすくなります。これを僕は「不安のポピュリズム」と呼んできているわけです。

宮台真司 著作●→『怪奇大作戦』シリーズは、脚本に佐々木守や石堂淑朗などの「大島渚」組が大々的に関わっています。だから、当時からして既に、新左翼的なリベラルな立場を代弁するものだ、と受け取られてきました。

宮台真司 著作●→日本はアメリカほどは過剰流動的でないだけでなく、近代社会としての民度、とりわけエリートの民度が、アメリカよりも相当に低い。

宮台真司 著作●→刑法三九条や刑事訴訟法を含めて、法律の立法意思は、そのときどきの社会的期待に応じたものです。社会が変われば、社会的期待も変わります。

宮台真司 著作●→僕自身は、刑法三九条や刑事訴訟法三一四条の自明性を疑わしくするような社会システムの変化そのものに、重大な疑義を抱く者です。

宮台真司 著作●→裁判所だけは少なくとも、従来通り「法の枠内」でやってくれ、「超法規的措置」はやめてくれ。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『「麻原死刑」でOKか?』
 ユビキタスタジオ
 

スポンサーサイト

カテゴリ
リンク
サイト内検索


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。