スポンサーサイト

宮台真司bot
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法対論 転換期を生きぬく力

宮台真司bot

社会学2002年 

『憲法対論 転換期を生きぬく力』


 
宮台真司 著作●→天皇や皇室に基本的人権がないことを、国民の大半が意識しません(意識しないことも含めて憲法意思です)。なぜ意識できないのかと言えば、それは近代天皇制が「田吾作による天皇利用」の装置であることに関係します。

宮台真司 著作●→最大の問題は、「天皇の政治利用」をいかにしてやめるかです。それは「私益のために公益を騙る輩」に騙されないために必須、かつ「愛国の体をなさぬ国粋」へと堕落しないために必須です。

宮台真司 著作●→戦後になって初めて「天皇陛下の下で仲良く平和に暮らす日本国民」というイメージが、ベタに抱かれるようになった。それこそは、アメリカが日本を研究し尽くした上で立てた、日本人から復讐の牙を抜くための占領戦略の帰結です。

宮台真司 著作●→僕たちの民度があまりに低いので、「天皇陛下が近代化を望んでおられる」というスキームで動員を図らないと、近代化の早期達成は無理だったのは確かです。福沢諭吉もGHQもそう思った。

宮台真司 著作●→断言しますが、日本の若い人にはナショナリズムの危険は一切存在しません。しかし、別の危険が、それも極めて重大な危険があります。それは「田吾作が祭りによって動員される」危険です。

宮台真司 著作●→「単なる国粋は愛国ではない」というステージのさらに上に、「単なる愛国者はパトリオットではない」というステージがあると考えます。その意味で僕は、国粋主義者というよりも愛国者ですが、愛国者というよりもパトリオットです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『憲法対論 転換期を生きぬく力』
 平凡社新書
 

スポンサーサイト

M2 われらの時代に

宮台真司bot

社会学2002年 

『M2 われらの時代に』


 
宮台真司 著作●→自殺や犯罪がいくらあっても、司法や医療のプロセスがきちんと対処できると信頼されていれば、犯罪それ自体は異常事態でも何でもないものとしてやり過ごせる。少なくとも社会学的にはね。

宮台真司 著作●→教典に反したグルを弟子が殺せる宗教こそが、普遍宗教たりうるんです。

宮台真司 著作●→外圧に屈するから、結果的に内政干渉が成立する。外圧なんていつでもあるんで、単に屈しなければいい。

宮台真司 著作●→匿名メディアヘの依存に対しての処方箋があるとしたら、簡単なことで、「みんな仲良し」という教育をやめ、代わりに「自立」と「相互扶助」を教えることです。

宮台真司 著作●→日本の幼児番組では「みんな一緒に」という協調性ばかりを大切にしてきた。学校の先生たちもそうです。でも、その「みんな仲良し教育」こそ、他者への想像力を失わせ「仲間以外はみんな風景」という感受性を増長させる。

宮台真司 著作●→社会の民度が上がらないと学会の民度は上がらない。だから今は、社会に向けて発言しているわけですよ。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『M2 われらの時代に』
 朝日新聞社
 


学校が自由になる日

宮台真司bot

社会学2002年 

『学校が自由になる日』


 
宮台真司 著作●→【教育】世の中には、わからなくても覚えなければならないことがたくさんあります。わからなくても覚えたことが、後にわかるようになって大きな資産になることがよくあります。

宮台真司 著作●→【教育】「何がいい人生か」は人それぞれです。それを他人に押しつけることはできないし、まして、そういう信念に基づいてつくった学校に、選択権のない子どもを行かせるなんて、もってのほかです。

宮台真司 著作●→【教育】「大学に入ってやりたいことがある」という学生が、日本では三割程度ということなのです。これは驚くべきデータです。日本以外の先進国ならば、大学生の大半がやりたいことがあると答えるからです。

宮台真司 著作●→【教育】失敗を恐れると試行錯誤しにくくなりますから、大人たちが安易に成功を望まず、むしろ失敗を奨励する必要があります。

宮台真司 著作●→【教育】子どもが単一の集団に所属し、少数の大人に抱え込まれているような状況を、異常だと認識するようなセンスを_とりわけ教育行政に関わる人間たちは_養う必要があります。

宮台真司 著作●→【社会設計】「初めからすべて計画しきれる」という発想を捨てることが大切なのです。計画は永久革命的な試行錯誤であるべきなんです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『学校が自由になる日』
 


援交から天皇へ COMMENTARIES:1995‐2002

宮台真司bot

社会学2002年 

『援交から天皇へ
 COMMENTARIES:1995‐2002』


 
宮台真司 著作●→はっきり言います。内発性がなければ、知識はクズです。何の役にも立ちません。今やそのことは誰にでも直感されているはずです。

宮台真司 著作●→私は宮崎駿の作品は全くダメだと思います。てんで女の子のことが分かっていないからです。男の人が描く漫画・小説や映画をみると、私が知っている女の子とはあまりに遠いなと往々にして思わされます。

宮台真司 著作●→私が日本のサブカルチャーでいちばんハマったのは、『サイボーグ009』『戦え!オスパー』といった、比較的暗い作品。私の言葉で言えばそれこそ「周辺的な存在であるがゆえに力がおりる」タイプの作品です。

宮台真司 著作●→サブカルチャーは私の実存的な柱です。極端な話、世の中が滅びたとしても、少女漫画などある種のサブカルチャーに触れることができるならば、それで良いのではないかと思う瞬間が私にはあるほどです。

宮台真司 著作●→行為が犯罪でも、妄想や幻想は犯罪ではないということ。だから私は、漫画は被写体の人権を侵害しないし、漫画享受者増大と性犯罪減少が並行する日本では犯罪唆しによる間接的人権侵害もないとして、漫画取締りに反対する。

宮台真司 著作●→サブカルチャーを批評し、それを書くことが仕事となったことを私はとても幸運だったと思います。私の人生で一番幸運だったと言っても良いことです。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『援交から天皇へ
 COMMENTARIES:1995‐2002』

 朝日文庫
 


カテゴリ
リンク
サイト内検索


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。