どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント

宮台真司bot

社会学2017年 

『どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント』


 
宮台真司 著作●→かつては「法外」の共通感覚を確かめて「仲間」を強めたのに、逆に神経症的に法にしがみつき、「法外」に出る人をめざとく見つけて一斉に叩き、「インチキ仲間」を捏造し始めます。

宮台真司 著作●→共通感覚を失えば、法を神経症的に遵守し、少しでも外れたら一斉糾弾という「総被害妄想化」が進みます。一般にはこれを「法化社会」化と呼びます。

宮台真司 著作●→一口で言えば〈妄想〉の共有を信頼しあえるのが「仲間」です。

宮台真司 著作●→国民共同体も家族も「仲間=損得を超えた内発性で結ばれた集団」でなければ成り立ちません。現に成り立たなくなりました。

宮台真司 著作●→社会が良くなれば人は幸せになるという考え方を「主知主義」、社会が良くなっても人は幸せにならないという考え方を「主意主義」と言います。

宮台真司 著作●→行政官僚ところか政治家や教育者にまで「正しさ人間」ならぬ「損得人間」が溢れ、「合法性を口実に目一杯のズルをしまくる」。安倍内閣の周辺を見れば、実に「美しい日本」でしょう。

 〜 宮台bot Twitter 宮台真司bot




『どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント』
 宮台真司 二村ヒトシ
 ベストセラーズ



カテゴリ
リンク
サイト内検索